忍者ブログ

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



もう少し時間が経ってしまいましたが、4月21日に藤枝市に仕事で行ってきました。



さすが藤枝市、というくらい藤の花がきれいでした。
PR
先日2009年4月25日の日本経済新聞の日経PLUS1の1面の記事が、「保険、見直しますか?」でした。

「今後、保険の内容を見直したいですか?」との質問には、
何らかの見直しを考えているとぃう人が36%とのことです。
見直す理由では、「保険料負担が重荷」が最も多いようです。

また、保険の見直し作業を通じて知らなかった保険の仕組みがわかったという声も多かったようです。

記事の中にもありますが、子どもが就職したのに死亡保障が高すぎたり、ムダな特約が付いていたりと、保険料が高くなっているケースが多いということは、私が実務をやっていても実際に多く見受けられます。

さらに、いざ保険に入りたい時には病気により条件がついてしまい保険料が高くなってしまったり、保険そのものに入ることができないケースも最近は多く見受けられます。飽食の時代だからでしょうか。


保険は1度入ったら安心ではなく、ライフイベントに応じ、随時見直しをしていく必要があると思います。
木村美都子税理士事務所では、税理士事務所による法人・個人における税務との関係、社会保険労務士事務所による健康保険等との関係、さらには貯蓄と資産運用等々を総合的に勘案し、お客様のライフプランに最適な保険のご提案をさせていただきます。

いつでも無料で保険のご相談に乗ります。
お気軽に税理士事務所の保険コンサルティングをご利用ください。

久しぶりにプリクラなるものを撮ってみました。
10年ぶり位かな?

10年経つ間にプリクラも随分進化したものです(というか、まだプリクラが存在すること自体がすごいかも)。
やけに色白だし、やけに目がぱっちりしてるし、いろいろなシチュエーションで撮れるし。

しかも、撮り終わった後に別室で落書きまでできる。
らくがきには時間制限があり、正直かなり焦りました。



まぁこのような仕組みはけっこう前からあったのでしょうが、実際に体験すると自分がおっさん化していることを実感します。
こうしてオヤジ化していくのでしょう。

でも、家族3人が揃って写真を撮ることは意外と少ないので、貴重な写真となりました。
先日、市より定額給付金の申請書類が届きました。



いただけるものは何でもいただけ、という家訓!?通り、早速申請書類を郵送してみました。
夫婦は2人で24,000円、7ヶ月の娘は20,000円。
去年の確定申告時の扶養控除380,000円に引き続き、娘の20,000円受給は案外助かります
まあ、それ以上に何かとお金はかかっているのですが。

ちなみに、定額給付金は租税特別措置法41条の8第2項において、非課税とされる規定が新設されました。経済対策であるのに税金が引かれてしまったら効果も半減してしまうでしょうから、非課税措置は当然のことと言えば当然のことなのだとは思いますが。
確定申告も終わり、一段落とまではいかないまでも、ピークは過ぎたので久しぶりにゆっくりと家族で外出をしました。
           

行き先は三嶋大社。
妻の厄払いとお花見を兼ねつつ。

  
  

桜の方は一部葉桜になりかかっていましたが、何とか間に合った感じです。



初めて「福太郎」を購入し、帰宅しました。
試食以外で初めて食べました。試食の小さいやつよりやっぱり美味しい!
今年の確定申告も後1週間をきるところまできました。


確定申告期は繁忙期ゆえに当然帰りが遅くなります。
そうすると、深夜の線路維持補修の現場に出くわしたり、

娘が私の顔を忘れかかったりと、非日常的なことに遭遇したりします。

そんな税理士事務所特有の時期もあともう少し。
気合を入れてがんばりますので、ご報告が遅くなってしまっているお客様、申し訳ございませんがもう少々お待ちください。
先日2月10日、コンパッソ税理士法人主催(私の元職場)の新春特別セミナーに参加してきました。

渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開催されました。ホテルに向かう途中、通い慣れた道玄坂を通りました。

かなり懐かしかったです。


ホテルに到着し受付に向かうと、これまた懐かしい諸先輩方に会うことができました。社会人駆け出しの頃に本当にお世話になった大切な方々です。久しぶりに会うことができて嬉しかったです。今もセミナーに来ないかと声をかけてくださる関係を維持できていることは、私にとって大きな財産なのだと思います。

そうこうして受付を済ませたのですが、今はスタッフ総勢約150名の大所帯になっているということでした。受付の人数も多く、若干圧倒されてしまいました。受付だけでも事務所のスタッフより多かっただろうな。

さらに、当日のセミナー参加者は600人に迫る人数。1つの税理士法人として、600人近くを集客するというのは、かなりすごいことだと思います。


セミナーの内容は、「日本及び世界経済の今後の情勢と中小企業への影響」と題して、ミスター円と称された榊原英資先生のご講演が中心でした。今の経済情勢だからでしょうか。先日の木村美都子税理士事務所主催のビジネス倶楽部における、国際エコノミスト水野隆徳先生に続き経済の話でした。



興味深かったのは、両先生の話の方向性が似通っていたことです。
オバマ政権がBIG3をどうするか、消費が美徳でなくなりパラダイムシフトが起こるであろうこと等です。
榊原先生のお話として特徴的だったのは、日本は他の国に征服されていない珍しい国である。戦争、内乱も少なかったため、教育、文化に時間を費やすことができた。そのため、日本の文化水準は高い。今こそ、日本の文化のレベルの高さに気づき、良さを世界に発信していくべきだ。
私なりにまとめると以上のようなことだったと思います。

パラダイムシフトか。
農業法人を作って、沼津の魚と合わせて地産地消の飲食店+伊豆半島を活用した旅行ビジネスでもやってみようかな。
と、将来のことについていろいろと思いを巡らせた2回の経済関連のセミナーでした。
忍者ブログ[PR]