忍者ブログ

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31




[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月18日(金曜日)に第3回目となります若手経営者・後継者会を開催しました。

今回は「ビジネスリーダーから学ぶ成功の法則」と題しまして、先輩経営者の知識・ご経験について語っていただきました。

第1部は、ビヨンズ株式会社 代表取締役 後藤孝様にご講演いただきました。
売上規模、従業員数等、静岡県東部を代表する企業の社長様のお話を聞くことができるという大変価値のある時間が作れたと思います。
内容につきましては、ビヨンズ社のCI(Corporate Identity)を中心にお話いただきました。
「価値観を明確にすること」、社名変更の理由とその効果、「能力、責任および満足の枠を超えない事業規模を堅持する」こと、「素敵なチーム」でありたいという思い等々について熱く語っていただきました。



第2部は、株式会社 山本食品 代表取締役 山本豊様にご自身の実体験から学ばれたことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました。
内容につきましては、同族会社ならではの苦労、株式議決権が絡む事業承継の問題、丁稚奉公の経験が今の礎になってるというご経験、リピーターのお客様が来てくださることの喜び等々についてです。


第1部、第2部のご講演で共通していたことをまとめると、会社の「価値観」「カラー」を明確にし、大切にし、それを時代の変化に合わせて修正しつつも保っていくことが重要である、とまとめていいかと思われます。

今、事業承継の案件が急速に増加しているように感じます。
資本金が1円にして簡単に会社を作れるようにもなりました。
そうした時代の中で、これから経営を担う方は、経営や会計税務について学ぶことはもちろん重要性だと思われます。あわせまして、経営計画を実際の数字で作り込みリスクヘッジを行うこと(数字的アプローチ)、その数字的な経営計画を支える会社の存在意義や理念等(価値観からのアプローチ)をまとめることも、これからの時代においては大切になってくると思われます。

何を捨て、何を残すのか。そして、何を新たに創り出すのか。
今回のご講演は色々と考えさせられる本当に良いご講演だったと思います。

最後になりましたが、後藤社長、山本社長、非常にお忙しい中、ご講演のご準備に当日のご講演にと本当にありがとうございました。きっと出席してくださった次世代を担う経営者の方々が何かを感じ、そして新たな時代を作っていってくださると確信しております。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]